ページの先頭です



メニューの終端です。

定期の予防接種

定期の予防接種の種類と対象者(接種時期)

定期の予防接種の種類と対象者(接種時期)

種類

1回目の接種を

開始する月齢

接種間隔及び回数

BCG
(集団接種)

1歳に至るまで

接種回数:1回

<標準的な接種期間>

生後5か月以上8か月未満

B型肝炎

(個別接種)

1歳に至るまで

接種回数:3回

2回目:1回目から27日以上の間隔をあける

1回目:1回目から139日以上の間隔をあける

<標準的な接種方法>

生後2か月から生後9か月に至るまでに3回

2回目:1回目から27日以上の間隔をあける

3回目:1回目から139日以上の間隔をあける。

ヒブ感染症

(個別接種)

生後2か月~7か月

に至るまで

初回:生後12か月までに、27日以上の間隔をあけて3回

※医師が認める場合は20日以上

追加:初回接種終了後7か月以上の間隔をあけて1回

<標準的な接種方法>

初回:生後12か月までに、27日~56日までの間隔をあけて3回

追加:初回接種終了後7か月以上13か月までに1回

生後7か月に至った翌日~12か月に至るまで

初回:生後12か月までに、27日以上の間隔をあけて2回

※医師が認める場合は、20日以上

追加:初回終了後7か月以上で1回

生後12か月に至った翌日~

60か月に至るまで

1回

小児の肺炎球菌感染症

(個別接種)

生後2か月~7か月に至るまで

初回:生後24か月までに、27以上の間隔をあけて3回

追加:初回接種終了後60日以上の間隔で、生後12か月以降に1回

<標準的な接種方法>

初回:生後12か月までに、27日以上の間隔をあけて3回

追加:追加接種終了後、60日以上の間隔をあけて生後12か月から生後15か月までに1回

 

生後7か月に至った翌日~12か月に至るまで

初回:生後24か月までに、27日以上の間隔をあけて2回

追加:初回接種終了後60日以上の間隔をあけて、生後12か月以降に1回

生後12か月に至った翌日~24か月に至るまで

60日以上の間隔をおいて2回

生後24か月に至った翌日~60か月に至るまで

1回

4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)(個別接種)

1期初回

生後3か月~7歳6か月に至るまで

20日以上の間隔をあけて3回

<標準的な接種方法>

生後3か月~12か月までに、20日~56までの間隔をあけて3回

1期追加

生後3か月~7歳6か月に至るまで

1期初回接種(3回)終了後、6か月以上の間隔をあけて1回

<標準的な接種方法>

1期初回接種(3回)終了後12か月から18か月に達するまでに1回

2種混合(ジフテリア・破傷風)(個別接種)

11歳以上13歳未満(13歳の誕生日の前日まで)

1回

<標準的な接種方法>

11歳に達した時~12歳に達するまで(小学6年生)に1回

麻しん及び風しん

(MR混合)

(個別接種)

1期

1歳~2歳に至るまで

(2歳の誕生日の前日まで)

1回

2期

5歳以上7歳未満で、小学校就学前1年間(小学校就学の前年度4月1日~翌年3月31日まで、年長児)

1回

水痘(みずぼうそう)

(個別接種)

生後1歳から3歳に至るまで

3か月以上の間隔をあけて2回

<標準的な接種方法>

1回目:生後12か月~15か月

2回目:1回目から6か月~12か月の間隔をあける

日本脳炎

(個別接種)

1期初回

生後6か月~7歳6か月に至るまで

6日以上の間隔をあけて2回

<標準的な接種方法>

3歳から4歳までに、6日から28日までの間隔をあけて2回

1期追加

生後6か月~7歳6か月に至るまで

1期初回接種(2回)終了後、6か月以上の間隔をあけて1回

<標準的な接種方法>

4歳~5歳までに1期初回接種(2回)終了後、概ね1年の間隔をあけて1回

 

2期

9歳以上13歳未満

(13歳の誕生日の前日まで)

1回

<標準的な接種方法>

9歳から10歳までに1回

※平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方及び平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方は、特別措置の対象者です。詳しくは、日本脳炎のページをご覧ください。

子宮頸がん

(個別接種)

小学校6年生~高校1年生の女子

サーバリックス

<標準的な接種方法>

2回目:1回目の接種から1か月以上あける

3回目:1回目の接種から6か月以上あける

<標準的な接種方法で接種できなかった場合>

1か月の間隔をあけて2回接種した後、1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をあけて1回行う

ガーダシル

<標準的な接種方法>

2回目:1回目の接種から2か月以上あける

3回目:1回目の接種から6か月以上あける

<標準的な接種方法で接種できなかった場合>

1か月の間隔をおいて2回以上の接種をした後、2回目の接種から3か月以上の間隔をあけて1回行う。

受ける前の注意事項

1 麻しん・風しん・水ぼうそう・おたふくかぜ・突発性発疹などの感染症にかかった場合や、かかった人と接触した場合、接種できないことがありますので、事前にかかりつけ医師や健康推進課(佐屋保健センター)にご相談ください。

2 予防接種は対象年齢の期間であればいつでも受けられますが、それぞれの予防接種の目的から、病気にかかりやすい年齢を考慮して定められた標準年齢があります。できるだけ、標準年齢の期間内に接種しましょう。 

3 集団予防接種は接種会場と接種日を確認してお出かけください。

4 個別予防接種は医療機関に予約が必要です。
  予約時には、必要事項(希望する予防接種名、住所、被接種者氏名、生年月日、保護者指名、電話番号、最後に受けた予防接種名とその接種日)を医療機関に伝えてください。

異なった種類の予防接種をする場合の間隔

異なった種類の予防接種をする場合は、次のとおりの間隔をおいて接種する必要があります。
なお、同じ種類の予防接種を複数回接種する場合には、それぞれ定められた間隔がありますので、接種する予防接種のページをご覧ください。

*27日以上の間隔をおいて接種するもの

  BCG、麻しん及び風しん(MR混合)、麻しん(単独)、風しん(単独)、水痘、おたふくかぜ(任意接種)、ロタウイルス(任意接種)

*6日以上の間隔をおいて接種するもの

 ヒブ感染症、小児の肺炎球菌感染症、4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)、B型肝炎、2種混合(ジフテリア・破傷風)、日本脳炎、子宮頸がん、高齢者インフルエンザ、3種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風)

 高齢者肺炎球菌、インフルエンザ(任意接種)

転入された方へ

転入前に接種された予防接種を確認していただき、まだ接種が済んでいないものは早めに接種をしましょう。

※ まだ接種が済んでいない予防接種の予診票は、健康推進課(佐屋保健センター)で配付しますので、母子健康手帳を持参の上お越しください。 

※ 生後7歳6か月までの方、子宮頸がん対象者の方(小学校6年生から高校1年生の女子)には保健センターで予防接種歴調査を行いますので、健康推進課(佐屋保健センター)へ母子健康手帳を持参の上お越しください。

        

愛知県広域予防接種事業について

  予防接種の利便性を増し、感染症予防の手段である予防接種率の向上やかかりつけ医が予防接種を実施することにより健康被害の防止を図ることを目的として、愛西市予防接種指定医療機関に限らず、愛知県内の協力医療機関で予防接種を受けることができるようになりました。

      詳細は「愛知県広域予防接種事業について」をご覧ください。

お問い合わせ

愛西市役所 健康福祉部 健康推進課(佐屋保健センター)
電話: 0567-28-5833
ファックス:0567-28-8001
E-mail: kenko@city.aisai.lg.jp


Copyright 2015 AISAI CITY,All right reserved.