ページの先頭です



メニューの終端です。

一般不妊治療費助成事業

愛西市一般不妊治療費補助制度

  愛西市では、不妊に悩むご夫婦に対して、不妊治療(体外受精及び顕微授精を除く不
妊治療とし、以下「一般不妊治療」という。)に要する費用の一部を助成することにより、
経済的な負担の軽減を図り、少子化対策の充実を目指します。

 平成31年度から、人工授精の他、保険適用内外の不妊検査及び一般不妊治療に要す
る費用の一部を助成することとし、補助制度を拡充します。
 

1 対象となる方

次の全ての項目に該当する夫婦
(1)法律上の夫婦であり、医療機関で不妊症と診断され、一般不妊治療を受けた妻の年齢
   が43歳未満の夫婦
(2)申請日において、夫または妻のいずれか一方または両方が、市内に住所を有すること。
   愛西市在住期間外の治療費や婚姻前の治療費については助成対象外です。
 (3)夫及び妻の前年の所得(1月から5月までの間に申請する場合は、前々年の所得)の合
   計額が730万円未満の方所得額の算出方法は、「所得額の算出方法について」をご覧
       ください。
(4)医療保険(国民健康保険、社会保険など)に加入していること。

2 補助期間

補助を開始した診療日の属する月から継続する2年間(24ヶ月)

*愛西市への申請は一年度ごとに必要です。

*県内の市町村で同制度の助成を受けていた場合には、その期間も含めて2年間とします。

*過去に一般不妊治療費の補助を受けた方は、対象にならない場合がありますので、申
   請する前に健康推進課(佐屋保健センター) へご連絡ください。

 

3 補助金の額

 一組の夫婦に対し、一般不妊治療に要した本人負担額の1/2以内で一年度(3月診療分
から翌年2月診療分まで)あたり上限10万円 

4 対象となる治療

   産科・婦人科・産婦人科・泌尿器科・皮膚泌尿器科を標榜する医療機関において、不妊
症と診断され、愛西市在住中に受けた一般不妊治療に係る医療費(実費負担分)を対象
とします。

(1) 医療保険各法に規定する療養の給付の適用となる不妊治療

(2) 医療保険の適用とはならない不妊治療
    AID(夫以外の男性からの精子による人工授精)は対象とするが、体外受精及び顕微
       授精のほか、夫婦以外の第三者からの卵子、胚の提供による治療法は対象としない。

(3) 診断のための検査や治療効果を確認するための検査等、治療の一環として行われる
       検査も対象とする。

(4)人工授精に係る医療費は下記のものを対象とします。
  ① 事前検査として実施する精子の細菌学検査費用及びHIV などの感染症検査費用
  ② 採精(事前採取も含む。)費用
  ③ 精子の事前採取から人工授精当日までの凍結保存料(通常、人工授精施行当日
           に採取するが、夫の都合により人工授精当日に来院できない場合に限る。)
  ④ 精子の濃縮、精子の洗浄等に要する費用
  ⑤ 排卵誘発のためのHCG注射等
  ⑥ 精子を子宮内に注入するために要する費用
  ⑦ 人工授精等、感染予防のため服用する抗生剤等

*愛西市から転出した後に申請された場合は、助成が受けられませんので、ご注意くださ
    い。

5 申請方法

 下記の必要書類等を揃えて健康推進課(佐屋保健センター)窓口に提出してください。    
(1)必要な書類
  ・愛西市一般不妊治療費助成事業補助金交付申請書

  ・愛西市一般不妊治療費助成事業補助金交付申請に関する同意書

  ・愛西市一般不妊治療費助成事業受診等証明書

  ・愛西市一般不妊治療費助成事業補助金交付請求書

(2)治療に関わる領収書

  
領収書原本をご持参ください。

(3)夫婦の所得額を証明する書類

  申請には、夫婦の所得課税証明書が必要となります。(所得の無い方は、非課税証明
 書で可)
  *申請者の同意を得て愛西市で確認できる場合は省略できます。
   
   
   ① 2019年4月、5月申請の方で、2018年(平成30年)1月1日現在愛西市に住所がない
              場合2018年度(2017年分)所得課税証明書(2018年1月1日現在に住所があった
              市町村役場で発行されたもの)

   ② 2019年6月から2020年3月までの申請の方で2019年(平成31年)1月1日愛西市に
              住所がない場合2019年度(2018年分)所得課税証明書(2019年1月1日現在に住
              所があった市町村役場で発行されたもの) 

   *原則として、3ヶ月以内に取得した原本を提出

(4)法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類
  
      戸籍謄本

   *原則として、3ヶ月以内に取得した原本を提出

(5)夫婦両方の健康保険証

     申請時にご持参ください。申請書類と確認した後、申請時に返却いたします。

 (6) 印鑑

  申請時に認印(スタンプ印は不可)をご持参ください。

6 申請受付期間

   3月診療分から翌年2月診療分までについて、翌年3月15日(当日が佐屋保健センターの
 休館日である場合は直近の開館日)が申請締切日になります。

2019年度分は、2019年3月から2020年2月診療分まで対象となり、申請締切日は、2020年
3月13日(金)です。

*申請期間を過ぎた場合は、申請の受付ができませんので、必ず期日までに申請してくだ
    さい。

*愛西市に転入した場合は、転入日以降の治療分が対象になります。

*愛西市から転出した後に申請しても、助成は受けられませんので、ご注意ください。

7 特定不妊治療費助成制度

 医療保険が適応されず、高額な医療費がかかる体外受精または顕微授精には、愛知県
が実施する特定不妊治療費助成制度があります。
 <問い合わせ先> 津島保健所(0567-26-4137)

お問い合わせ

愛西市役所 健康福祉部 健康推進課(佐屋保健センター)
電話: 0567-28-5833
ファックス:0567-28-8001
E-mail: kenko@city.aisai.lg.jp



Copyright 2015 AISAI CITY,All right reserved.