ページの先頭です



メニューの終端です。

老人保健制度にかわり後期高齢者医療制度が始まりました

平成20年4月から「老人保健制度」が廃止になり、新たな医療制度である「後期高齢者医療制度」が始まりました。

被保険者

後期高齢者医療の被保険者
  1. 75歳以上の方
  2. 65歳以上で一定の障害のある方

  老人保健制度(旧制度)と変わりません。

運営主体

運営主体は「愛知県後期高齢者医療広域連合」となり、そこで医療給付や保険料の決定などを行います。
ただし、窓口業務は今までどおり市役所で行います。

保険料

保険料は所得に応じて負担する「所得割額」と被保険者一人ひとりが均等に負担する「均等割額」の合計となります。

平成24・25年度の所得割率は8.55%、均等割額は43,510円です。

(平成22・23年度の所得割率は7.85%、均等割額は41,844円でした。)

また、限度額(保険料の年間の上限)は1人につき550,000円です。

保険料は以下の式により算出されます。

 保険料(年額:100円未満は切り捨て)=(総所得金額-330,000円)×0.0855+43,510円

※後期高齢者医療で保険料がかかりますが、その前に加入していた保険から脱退しての加入ですので、二重に保険料がかかることはありません。

保険料の軽減

同一世帯内の被保険者及び世帯主の総所得額の合計が一定の基準以下の場合は保険料が軽減されます。
この軽減をうけるために申請は必要ありませんが、所得申告をしていないと軽減の対象となりません。
遺族年金や障害年金など、通常は申告する必要がない方でも、申告していただきますようお願いします。

保険料の納付方法

年額18万円以上の年金を受給している方は、原則年金からの天引き(特別徴収)となります。(ただし介護保険料と後期高齢者医療保険料を合算した金額が年金額の1/2を超える場合を除く)
それ以外の方は、納付書または口座振替で納付(普通徴収)となります。

保険証

保険証は毎年8月1日更新につき、7月下旬に郵送致します(手続きの必要はありません)。

医療を受ける際は、保険証を医療機関に提示してください。

※高齢受給者証の発行はありません。一部負担金(1割または3割)については、保険証に表示されています。

給付・届出窓口

老人保健(旧制度)と基本的に同じ給付内容です。
届出窓口も現行どおり市役所となります。

愛知県後期高齢者医療広域連合については、愛知県後期高齢者医療広域連合ホームページをごらんください。

お問い合わせ

愛西市役所 健康福祉部 保険年金課 

電話: 0567-55-7119



Copyright 2015 AISAI CITY,All right reserved.