ページの先頭です



メニューの終端です。

平成25年度から適用される個人住民税の税制改正

生命保険料控除の制度の改正

 平成24年1月1日以降に締結した保険契約等(以下「新契約」という。)に係る控除から、生命保険料控除の一般生命保険料控除の枠が、一般生命保険料控除と介護医療保険料控除に分離され、計算方法が変更されました。

 平成23年12月31日以前に締結した保険料契約等(以下「旧契約」という。)に係る控除については、区分・計算方法とも従前のとおりです。

 この改正により、新契約と旧契約では、生命保険料控除の計算方法が異なることになります。

A 平成24年1月1日以降に締結した保険契約等に係る控除

 一般の新生命保険料、介護医療保険料、新個人年金保険料の控除額の適用限度額は、それぞれ28,000円で、適用限度額の合計額は7万円です。

 なお、各保険料控除額の計算は次のとおりです。

 

新契約(一般・年金・介護医療それぞれに適用)
 年間の支払保険料等の合計額      控除額
 12,000円以下 支払保険料等の全額
 12,000円超32,000円以下 支払保険料等×1/2+6,000円
 32,000円超56,000円以下 支払保険料等×1/4+14,000円
 56,000円超 一律28,000円

B 平成23年12月31日以前に締結して保険契約等(旧契約)に係る控除

 一般の旧生命保険料、旧個人年金保険料の控除額の適用限度額は、それぞれ35,000円で、適用限度額の合計額は7万円です。

 なお、各保険料控除額の計算は次のとおりです。

 

旧契約(一般・年金それぞれに適用)
 年間の支払保険料等の合計額      控除額
 15,000円以下 支払保険料等の全額
 15,000円超40,000円以下 支払保険料等×1/2+7,500円
 40,000円超70,000円以下 支払保険料等×1/4+17,500円
 70,000円超 一律35,000円

C 新契約と旧契約の双方について保険料控除の適用を受ける場合の控除額の計算

 新契約と旧契約の双方について、一般生命保険料控除または個人年金保険料控除の適用を受ける場合には、前記AまたはBにかかわらず、一般生命保険料控除または個人年金保険料控除の控除額は、それぞれ次に掲げる金額の合計額(上限28,000円)となります。

1.新契約の支払保険料の合計額につき、前記Aの計算式により計算した金額

2.旧契約の支払保険料の合計額につき、前記Bの計算式により計算した金額

前記A、B、Cにより計算した控除額の合計額は、最高7万円となります。

お問い合わせ

愛西市役所 総務部 税務課 

電話: 【市民税】0567-55-7123 【資産税】0567-55-7122 ファックス: 0567-26-1011

E-mail:



Copyright 2015 AISAI CITY,All right reserved.