ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

別ウィンドウで開きます

平成28年1月からマイナンバーカード(個人番号カード)の交付がはじまりました

社会保障・税番号(マイナンバー)制度の導入に伴い、平成27年10月から住民票の住所に「通知カード」が送付されています。平成28年1月から、「マイナンバーカード(個人番号カード)」が希望者に初回無料で交付できます。「マイナンバーカード」は、身分証明書として利用できるほか、ICチップに記録される電子証明書を用いて、e-Tax等の電子申請を行えるほかマイナポータルなど各種行政手続のオンライン申請など様々な場面で利用が検討されています。

(注意)カードの紛失等による再発行は有料(1件1,000円・電子証明搭載・1件800円電子証明未搭載)となります。

〇社会保障・税番号(マイナンバー)制度について詳しくは、こちらをクリックしてください→社会保障・税番号(マイナンバー)制度(別ウインドウで開く)【外国語対応】(外部リンク)

「住民基本台帳カード」は、「マイナンバーカード(個人番号カード)」へ

 「個人番号カード(以下マイナンバーカード)という」への移行に伴い、「住民基本台帳カード(以下「住基カード」という。)」の交付は、平成27年12月までとなり新規発行・更新はできません。
なお、既に交付されている「住基カード」は、券面に記載されている日まで使用できます。「住基カード」に「電子証明書」を格納されている方は、「電子証明書」の有効期間満了日までは、使用できますので、「電子証明書」の有効期間満了日をご確認ください。
 ただし、平成27年12月23日以降は、「住基カード」に新たに「電子証明書」を格納することができなくなり、「電子証明書」を利用する場合は、「マイナンバーカード」を取得していただく必要があります。

(参考) ・「電子証明書」の有効期間満了日は、証明書発行時にお渡しした「電子証明書の写し」に記載されています。

「マイナンバーカード」の券面に記載されるもの

  1. 表面…顔写真、氏名、住所、生年月日、性別、有効期限
    有効期間は、発行日から10回目の誕生日まで
    発行時20歳未満は5回目の誕生日まで
  2. 裏面…個人番号、氏名、生年月日など
  3. ICチップ内のデータ…個人番号、氏名、生年月日、住所、性別、顔写真

  ※所得情報などのプライバシー性の高い個人情報は、記録されません。
  (注意)住基カードとマイナンバーカードとの重複所持はできません

  〇「マイナンバーカード」については詳しくはこちらをクリックしてください。→社会保障・税番号(マイナンバー)「カードに関する質問」(別ウインドウで開く)(外部リンク)

 個人番号カード(表面)

 個人番号カード(裏面)

「マイナンバーカード」の申請方法等

平成27年10月から住民票に記載されている住所地に郵送されている「通知カード」に「個人番号カード申請書」が同封されますので、この申請書にご自身の顔写真を添えて、郵送若しくはインターネットから申請してください。

〇マイナンバーカード申請方法等詳しくは、こちらをクリックしてください→マイナンバーカード総合サイト(別ウインドウで開く)(外部リンク)

※通知カード及び個人番号カード関連事務について,愛西市は平成26年12月1日付で,地方公共団体情報システム機構へ委任しました。

通知カードとは

平成27年10月以降住民票に記載されている住所地へ、世帯ごとに簡易書留で郵送されています。(転送不要郵便)
なお、平成27年10月以降に出生や国外からの転入(平成27年10月以降国内に住所をおいたことがない場合に限る。)等により、新たに住民票を作成した場合には、個人番号が付番され、個別に通知されます。

通知カードは令和2年5月25日をもって廃止されました。 詳しくは通知カード廃止のお知らせ(別ウインドウで開く)をご覧ください。




通知カード(表面イメージ)

通知カードの記載事項

個人番号、住所、氏名、性別、生年月日
顔写真はありません。

「マイナンバーカード」の受領方法(平成28年1月からはじまりました)

「マイナンバーカード」の受領は、申請者あてに市から「交付通知書」を郵送しますので、申請者本人がこの通知書のほか必要な書類を持って市役所指定場所にお越しください。
受領の際は、「マイナンバーカード」及び「電子証明書」の暗証番号の設定をしていただきます。

(注意)

  1.  「通知カード」及び「住基カード(お持ちの方のみ)」と交換になります。
  2.  申請は、申請書を郵送等することになりますので、「マイナンバーカード」の即日発行はできません。
  3.  「マイナンバーカード」は、市で作成ができないため申請から交付まで日数がかかります。
  4.  手続きの際に必要な書類については、通知カードに同封されたパンフレットをご確認ください。
  ※病気などでご本人が外出できず、お越しになれない場合は、代理の受け取りができる場合がありますのでお問い合わせください。

電子証明書について

利用者証明用電子証明とは

インターネットを閲覧する際などに、利用者本人であることのみを証明する仕組みで、マイナポータルのログイン等、本人であることの認証手段として利用されます。
有効期間は、証明書発行日から申請者の5回目の誕生日までになります。
ただし、電子証明書の有効期間が「マイナンバーカード」の残りの有効期間より長くなる場合は、「マイナンバーカード」の有効期間までとなります。

〇マイナポータルについて詳しくはこちらをクリックしてください。→社会保障・税番号(マイナンバー)「マイナポータルに関する質問」(別ウインドウで開く)(外部リンク)

署名用電子証明書とは

インターネットで電子文書を送信する際などに、文書が改ざんされていないかどうかを確認することができる仕組みで、e-Taxの確定申告等に利用されます。
有効期間は、上記「利用者証明用電子証明書」の有効期間までになります。
ただし、有効期間までに住所や氏名等に異動があった場合は、「署名用電子証明書」は失効しますので、発行手続きが必要になります。

(注意)15歳未満の方及び成年被後見人の方には、原則として「利用者証明用電子証明書」のみ発行されます。

コールセンターが設置されました(お知らせ)

マイナンバー制度及び通知カード・個人番号カードに関する問い合わせ先として、下記のとおりコールセンターが設置されています。

■マイナンバー総合フリーダイアル(「通知カード」「マイナンバーカード」、マイナンバー制度のお問合せ)

日本語窓口電話番号

マイナンバー総合フリーダイヤル

 0120-95-0178

「通知カード」「マイナンバーカード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせにお応えします。

・平日9時30分~20時00分

・土日祝9時30分~17時30分

(年末年始 12月29日~1月3日を除く。)

※マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付けます。

音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。

1番:通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)に関するお問い合わせ

2番:マイナンバーカード(個人番号カード)の紛失・盗難について

3番:マイナンバー制度・法人番号に関するお問い合わせ

4番:マイナポータルに関するお問い合わせ

外国語での対応をご希望の方は、次のダイヤルにおかけください。
営業時間は同一です。対応言語:英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語。

・マイナンバー制度、マイナポータルに関すること
 0120-0178-26 (フリーダイヤル)     

・通知カード、マイナンバーカード、紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止
 0120-0178-27 (フリーダイヤル)       

個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル)

 0570-783-578

※間違い電話が増えています。お掛け間違えのないよう十分に注意してください。

・平日8時30分~20時00分

・土日祝9時30分~17時30分

(年末年始 12月29日~1月3日を除く。)

・マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付けます。

※ナビダイヤルは通話料がかかります。

※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、050-3818-1250におかけください。

※外国語での対応をご希望の方は、0570-064-738におかけください。
営業時間は同一です。対応言語:英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語。

お問い合わせ

愛西市役所 市民協働部 市民課
電話: 0567-55-7112

お問い合わせ

愛西市役所 市民協働部 市民課

[電話]
0567-55-7112

お問い合わせフォーム