ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    見に行ける!指定文化財(大野城址)

    • 更新日:2021年12月8日

    市指定文化財 第6号「大野城址」

     大野城址は、昭和61年4月9日に市の文化財に指定されました。


    大野城の歴史

    織田信長の死後、後継者をめぐって羽柴秀吉と織田信雄・徳川家康の間で、小牧・長久手の戦いが起きました。

    この戦いに連動した合戦の一つに蟹江城合戦(蟹江合戦)があります。

    大野城は、1584年に蟹江城の支城として信雄の家臣・佐久間正勝が築城し、合戦時は正勝の家臣、山口重政が守備につきました。

    蟹江城や他の支城が攻略・調略を受けて秀吉方となる中、信雄・家康方として奮戦し、落城寸前にまで追い込まれましたが、援軍が到着して落城を逃れたとされます。

    その後、1586年の天正大地震で廃城となったと伝えられます。


    大野城址

    見学を希望される方へ

    場所:愛西市大野町郷前218   

    電車:永和駅より徒歩13分

    駐車場:なし

    大野城址地図

    お問い合わせ

    愛西市役所 教育委員会 生涯学習スポーツ課(生涯学習グループ)

    電話:0567-55-7137 

    お問い合わせフォーム

    お問い合わせ

    愛西市役所 教育委員会 生涯学習スポーツ課(生涯学習グループ)

    [電話]
    0567-55-7137

    お問い合わせフォーム

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます