ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

別ウィンドウで開きます

特別の理由による任意予防接種費用助成事業

特別の理由による任意予防接種助成事業について

 医療行為(骨髄移植、抗がん剤治療による化学療法など)により、定期予防接種で得られた免疫が消失し、再接種が必要であると医師に判断され、任意で予防接種再接種を受ける方に対し、再接種の費用の一部を助成します。

*再接種前に手続きが必要ですので、保健センターまでご連絡ください。

1 対象者

以下のすべてに該当する方

(1)医療行為により免疫を失い、接種済みの定期の予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断されていること。

(2)申請時及び再接種を受ける日において愛西市に住民票があること。

(3)接種済みの定期予防接種の接種回数及び、接種期間が、予防接種実施規則の規定によるものであること。

(4)再接種時の年齢が下表の対象年齢に該当していること。

対象年齢
 予防接種の種類年齢    
BCG 4歳未満  
小児の肺炎球菌 6歳未満

 ヒブ

 10歳未満
四種混合(ジフテリア・百日せき・急性灰白髄炎・破傷風)15歳未満
B型肝炎、MR(麻しん・風しん)、水痘、日本脳炎、子宮頸がん 20歳未満

2 対象となる予防接種

接種済みの定期予防接種A類(B型肝炎、ヒブ、小児の肺炎球菌、四種混合、三種混合、不活化ポリオ、BCG、MR、麻しん、風しん、水痘、日本脳炎、二種混合、子宮頸がん)

3 助成金額

再接種にかかった費用(ただし、愛西市個別予防接種委託医療機関への委託料金を上限とし、文書料は除く。)

4 申請方法

1.再接種前に、必要事項を記入した次の書類を保健センターにご提出ください。

・愛西市特別の理由による任意予防接種費用助成対象者認定申請書

・愛西市特別の理由による任意予防接種費用助成に関する主治医意見書

・母子健康手帳または予防接種を希望する予防接種の接種履歴が確認できるもの

2.保健センターから「愛西市特別の理由による任意予防接種費用助成対象者認定通知書」「愛西市特別の理由による任意予防接種費用助成申請書兼請求書」が届きます。

3.全額自費で再接種を受けます。

4.再接種後に必要書類を保健センターにご提出ください。

【必要書類】
(1)愛西市特別の理由による任意予防接種費用助成申請書兼請求書
(2)領収書(再接種を受けた日、医療機関名及び予防接種の種類が記載されたもの)
(3)予防接種予診票(接種時に使用し、接種医及び保護者の署名等必要事項が記載されているもの)又は当該履歴が確認できるもの(母子健康手帳など)
(4)振込先のわかるもの(通帳等)

※再接種を受けた日から1年以内が申請期限となります

お問い合わせ

愛西市役所 健康子ども部 健康推進課(佐屋保健センター)
電話: 0567-28-5833
ファックス:0567-28-8001
E-mail: kenko@city.aisai.lg.jp

お問い合わせ

愛西市役所 健康子ども部 健康推進課(佐屋保健センター)
電話: 0567-28-5833
ファックス:0567-28-8001
E-mail: kenko@city.aisai.lg.jp